ARCHIVES
CATEGORIES
HOME
WEBSTORE
SHOPS
新緑の季節

風薫る5月。

明日からGWの方も多いかと思います。

Ryuiも明日からお休みを頂きます。
皆さまどうぞ良い休日をお過ごしください。

 

 


 

 

| くらし | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
Baby ring 8月ペリドット

日向夫妻の息子くんの
できたてホヤホヤな新作のベビーリング。
誕生石は8月のペリドットです。
(わかっているのかいないのか、

撮影後もお気に入りでずっと握りしめたまま返してくれませんでした。笑)

これからの成長に、
あたたかな想いを込めて。

| くらし | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
夜な夜なつくったものは
デザイナー日向が先日夜な夜なあるものを製作。
何が出来るののでしょう?





正体はこちら!

 
西荻窪店のドアに掲げる「Open」の看板です。枝を折り曲げながらつくりました。
ただ、日向曰く「もう少し手を加えたいなー。」とのこと。
また変化がありましたらご紹介いたします。
 
これまでドアを開けておりましたが、寒い日は暖かい店内で商品をご覧頂きたいため閉めることもあります。
どうぞお気軽にお入りくださいね。
| くらし | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
紫陽花のドライフラワー
ぐずぐずとすぐれない梅雨の空が、いつの間にか真夏のような
強い日差しの毎日に変わりましたね。

先日、大好きな紫陽花をたくさんいただきました。
ドライフラワーにしたいと思い調べたところ、そのまま吊るすよりも、
ミョウバンを使ってただ花瓶にさしておくだけの方が縮まず
綺麗なドライになるとありました。

早速、茎の先を縦に裂いて白い綿をとり、ミョウバンにつけました。

少ないお水にさし、自然とドライになるのを待つそうです。
ミョウバンで白くお水が濁りましたが、大丈夫なのかな。

こちらは額紫陽花。

色とりどりの花色で、アトリエがとても華やかです。
このまま綺麗なドライフラワーになってくれますように。


| くらし | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレーと編み物の会
 先日の週末、友人のイラストレーターHirashima Takeshiさんのお宅へ
「手作りカレーと何かを作る会」という事でお邪魔してきました。
なにげに家が近いので、よく遊びにいっているのですが…

相変わらず素敵なおうちです。

メインイベント、D氏のカレー。美味しかった!!

例の「名前の無いイモ」を手みやげに。焼き芋にして皆で食べました。
なんと驚きの"きな粉"味。大好評でした!笑

そして何かを作る、その何かに決まったのは
スゥエーデンの伝統的なカギ編み "ボスニアンクロシェ"
最近はまっているという奥さんに教えてもらいながら練習しました。 
編み目が全然揃わず不格好ずぎるけど、楽しかった〜

無理矢理リストバンド。
見本のブックに載っていた手袋が可愛すぎて、いつか編みたいと思いました。
もっともっと練習しなきゃだめだけど。


さあ展示会まであと1ヶ月ちょっと。
いい気分転換にもなりました。
イベントは一先ずストップして、本腰入れてアクセサリーと向き合います。


●Hirashima Takeshiさんの作品もとても素敵なんですよ。
是非チェックして下さい!


| くらし | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
新種の野菜 (名前はまだ無い)
今日はアクセサリーに関係ないブログなのですが。
昨日、とっても面白すぎる来客がいらっしゃったのでそのお話を。。


遊びにこられたのは、通称「目白の怪人」と呼ばれる60代位のおじさま。
彼は多才な方で、いわゆる天才という部類の人間だと私は本当に思うのですが(笑)
知識の幅がすごくって。
幼い頃から地球の環境に興味を持ち、様々な国に行っては
秘境の少数民族に会ったり虫や植物を採集し研究しているそうです。
現在行った国は 200カ国オーバー
驚くべき事に17才から23才までの間に語学の勉強をして、その6年間で
なんと 32カ国語 まで話せるようになったそう。
だから何処に行っても大体現地の人と話が出来るらしいです…

ぎゃふん。


そんな彼の主な仕事は、枯渇した地域に森や自然を作ったり、環境の法律と向き合ったり、学会を開いたり昆虫等の企画展をしているそうなのですが。
そのおじさまが今「超珍しい野菜を作る」事に凝っているそうで、
今回一部を手土産に持ってきてくれました。

どれもみた事が無い…


細長いのは「スクナかぼちゃ」、黄色いのは「プッチーニ」という
イタリアのかぼちゃ、らしいです。美味しいよとの事。


↑そしてこちら、巨大なじゃがいもに見えますが、なんとサツマイモの一種。
将来の食糧難を考え、主食になる様に開発した全くの新種だそう。
日本でまだこれだけで…今秋初めての収穫なんだって。
曰く、「名前はまだない。もちろん学名は有るんだけど…」

ぎゃふん!


その方のお話は壮大で、想像もした事が無い様な事ばかりで、
なんだか聞いているこちらが世界を一周まわった夢を見た様な
ふわふわな気分になりました。


とにかく食べてみます。
世界を救うかもしれない、この名前の無いイモを!

| くらし | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1 |